パトロンを探せるアプリなら、これ!


実は
パトロンを探せるアプリは多くありません。

 

なぜかと言うと
経済力の高い男性が多く登録しているアプリに限定する必要があるからです。

 

適当な出会い系アプリで探してしまうと
下心だらけの怪しい男性ばかり集まってしまいます。

 

 

そもそも
パトロン探し(パパ活も)OKで

  • 高年収なハイスペック男性
  • パトロンになりたい男性

が多くいるアプリを使う必要があります。

 

 

「そんなアプリあるわけないじゃん?」

 

と思われるかもですが
あるんです。

 

数は少ないですが。。。

 

 

 

ここの記事ではまず
パトロンも探せる高年収男性が集まっているアプリTOP6
をご紹介。

 

そしてパトロンをゲットした女性に聞いた

  • アプリ内でのパトロンの作り方
  • アプリ内でのパトロンの育て方
  • パトロンとのモメない別れ方

もまとめています。

パトロンも探せる高年収男性が集まっているアプリTOP6


以下は

  • 高年収な男性が多い
  • パトロン(パパ活)も目的とした男性が多い
  • 女性はずっと無料で使える

という条件にくわえて

 

セキュリティー・個人情報管理が徹底している
アプリです。

 

アプリでのパトロン探しは安全面も大切です。

 

シュガーダディ

編集部イチオシ!

シュガーダディを使ったパトロン探し注意点

シュガーダディは、2015年にサービスを開始したパパ活を専門としたサイトです。パトロン探しアプリとしても選ばれています。
男性の年収証明があるので、年収も高い方の会員が多いというメリットがあります。

 

男性料金は安く活用できるので、年収証明を出していないというパパは避けたほうが安心です。PREMIUM会員は年収の情報が確認できていないため、年収の情報が嘘ということも考えられます。DIAMOND会員の男性は、源泉徴収や給与証明の確認が取れているので年収の高さはお墨付きなのです。パトロンを探すときには、DIAMOND会員の男性をターゲットにすると安心できますよ。
⇒⇒シュガーダディの公式サイトを見てみる

 

 

イククル

イククルを使ったパトロン探し注意点

イククルは、会員数1200万人を超えるマッチングサービスです。パトロン探し専用アプリではありまが、出会える男性の数が多いのでパトロンを探すのにも効率的に探せます。

 

イククルでは、女性は無料でサイトを利用でき、気軽に登録をすることが可能です。掲示板にミドルエイジから既婚者希望などの種類があり、こちらから書き込みをすることで相手を探せるのですが、掲示板によってはお金がない男性も多くいて、年上の男性でもパトロンにするには不適格という男性もいます。ミドルエイジやまずは食事からの掲示板で相手を探し、相手の経済状況や乗っている車などを聞いてみて判断すると良いでしょう。
⇒⇒イククル無料登録
※18歳以下の利用はできません。

 

ユニバース倶楽部

ユニバース倶楽部を使ったパトロン探し注意点

ユニバース倶楽部は、自由恋愛をセッティングしてくれるサービスです。運営側は男性の希望に合わせて女性と会う場所をセッティングしてくれます。女性の入会は無料ですが、男性は利用するクラスによって3万円から30万円の入会金のほか、年会費も2万円から16万円がかかってくるのでリッチな男性が利用していることがほとんどです。ユニバース倶楽部の場合には女性会員数の方が多いので、男性からのオファーを断るのが難しいという現実があります。女性は入会の際に面接があり、登録のために写真撮影などもありますので、そういったことが苦手という方は注意した方が良いでしょう。
⇒⇒ユニバース倶楽部の公式サイトを見てみる

 

 

ペイターズ

ペイターズを使ったパトロン探し注意点

ペイターズは2017年にサービスが開始したパパ活専門のアプリです。パトロン探しアプリとしても人気です。ペイターズは会員数も多く、写真を登録している男性も多くいます。ペイターズを利用している年上男性はもちろんいるのですが、中には業者が利用していて別のサイトに誘導するようにすることもあるのです。コピーペーストしたような変な文章のメッセージが送られてきた場合には業者であることも多いので無視しましょう。お小遣いを振り込んであげるから口座番号やクレジットカードの番号を教えてというメッセージなどが来ることもありますが、詐欺なので教えないようにしてください。お小遣いは必ず現金で直接もらうようにしてトラブルを避けましょう。

 

【ペイターズ公式】
https://paters.jp/

 

 

パディー67

パディー67を使ったパトロン探し注意点

パディー67は、パパ活向けのマッチングアプリです。男性の主な利用年齢層は40代で、女性は20代の女性が多く利用しています。2017年にできたアプリなので、まだライバルが少ないというメリットがありますが、男性も女性もレベルが高いのでレベルの高い人同士でマッチングがすぐに完了してしまうということがあるのです。ユーザーのほとんどは東京近辺に住んでいる方なので、地方に住んでいる方は少なくマッチングが難しいというデメリットがあります。東京近辺でパトロンを探している方には向いているアプリですが、地方在住の方は他のサイトと併用して使うことがおすすめです。

 

【パディー67公式】
https://paddy67.today/

 

ハッピーメール

ハッピーメールを使ったパトロン探し注意点

ハッピーメールはメル友から、シニアの恋愛まで幅広い世代の出会いを応援してくれるマッチングサイトです。運営も長いので、出会い系が初めてという方でも比較的安心して利用することができます。男性側にとってもプロフィールをみてもポイント消化にならないので、無料でもらえたポイントなどを使って金持ちを装ってアプローチしてくる男性もいます。男性は利用によって課金が生じますが、高価なものではありませんので身分を偽ることができるのです。お金持ちのパトロンを探していても、貧乏な中高年の男性というケースもありますのでしっかりと男性を見極めてパトロン探しをすることが重要になってきます。若い男性の利用も多いので、しっかりとターゲットを見極める必要があるマッチングサイトです。

 

【ハッピーメール公式】
https://happymail.co.jp/

 

パトロンアプリの総評

編集部がおすすめするのは

  • シュガーダディ
  • イククル
  • ユニバース倶楽部

の3つです。

 

特にシュガーダディは男性側に年収証明が必要なのでパトロン男性を選びやすいです。
セキュリティーも365日24時間と厳重なのもオススメの理由です。
⇒⇒シュガーダディの公式サイトはこちら

 

さらに上の男性を狙うならユニバース倶楽部ですが
こちらは女性側にも審査が入るので敷居が高くなります。

 

アプリでパトロン男性を見つけた経験者に聞いてみた!

 

 

みっほん21歳です。
51歳の会社役員パトロンを見つけました。
やりたい事を熱心に話すといろいろと助けてくれます。
もちろん男女の関係性はありません。


 

Q、パトロンアプリを選ぶときの注意点は?

 

今現在のパトロン(パパ活)大手のアプリはどれもセキュリティがしっかりしていて、情報も細かく出ているので、どこを選んでもそこまで大差はないかと思います。
どちらかと言うと、パトロンを選ぶ段階で注意した方がいいと思います。
どのパトロンアプリも全員がパトロンの候補かというと、そうではない人もいるので、まずはネットで有名なアプリに登録してみて、様子を伺いつつ、合わないなと思えば、違うパトロンアプリと併用してみるのもいいかと思います。

 

できれば、シュガーダディみたいに、男性側に年収審査があるアプリがおすすめです。

 

>>パトロンアプリ一覧にもどる

 

Q、アプリを使ったパトロンの作り方は?

基本的には、出会い系アプリと同じ感覚なので簡単です。
作り方というより、あらかじめ、パトロン目的の男性が多いアプリを使えば普通のやり取りでOK。

 

あとは

  • 自分の会いやすいところで会ってくれる
  • 目的が成立している(男性:助けたい 女性:助けられたい)
  • 顔が許せる
  • アプリ内でメッセージをやりとりして違和感を感じない

その様な事を判断します。

 

恋人ではないですが、会うことも増えるので顔が許せるというのは意外と大切だと思っています。

 

そして、やはり特に気無しなくてはいけない点は「年収」です。

 

今は年収をのせているところの方が多いのですが、年収がわからない人に関しては職業や仕事をしている感じを探り、年収を推定しなくてはいけません。
あらかじめ年収がわかるアプリもあります。

 

 

「年収は?」と直接聞くことはあまり良くないと思います。
パトロン男性が冷めてしまう可能性があります。

 

 

以上の点をクリアし、この人ならパトロンにしてもいいかな、と思う人と直接会ってみます。

 

最初は相手のこともわかりませんので、すごくオープンなカフェ等がいいかと思います。

 

 

もし、お友達にも知られて大丈夫なのであれば、遠くの席で見ていてもらうのもいいかと思います。

 

ここで、素敵なパトロンになる男性は、自分からオープンなカフェ等を指定してくれます。

 

 

最初から個室の居酒屋等に行こうと言う人は要注意です。

 

初対面の際、今後についてきちんと話して置く方がいいと思います。

 

 

何も決めないで、パトロンなのかな?という状況が続くと、自分の希望を叶えてくれず
ずるずるとご飯のお供だけになってしまう可能性があります。

 

少し話しにくいことですが、柔らかく、これからどうするか、自分はどうしたいか、をきちんと話しましょう。

 

ここでもパトロンに慣れている男性は、自分から、「こう言う条件でどう?」と提案してきてくれます。

 

そういう人は、過去にもパトロンになっていたことがある男性が多いので、この先、リードしてくれることが多いです。

 

そこでお互いの条件が合致すれば、はれてパトロン関係がスタートします。

 

>>パトロンアプリ一覧にもどる

 

Q、アプリを使ったパトロンの育て方は?

 

パトロンとはいえ、一人の男性です。

 

わたしの生まれた瞬間も見ていなければ、小学校の入学式も、成人式の晴れ着姿も見ていないのです。
実際は成人した一人の男と女。

 

ふとした瞬間に、「娘」という見方より「女」としての見方になってしまっては関係がおかしくなってしまいます。
パトロンの前では、意識してでも娘でいなくてはいけません。

 

パトロン男性に対しての色気はいらないのです。

 

どうしても、欲しいものがあるとき、何かをねだりたい時は女の武器である色気を出したくなってしまいがちですが、それは間違っています。

 

パトロン男性の前では、相手が大好きな娘になりきるのです。

 

パトロン男性の目線が娘の胸の谷間に行く前に、娘の笑顔に行くように、自分の言動に集中してください。

 

そして、パトロン男性が通常娘にはしないような会話、「あわよくば・・・」が見え隠れしてきたら、徹底的にそういう関係ではないことをわかってもらはなくてはなりません。

 

とはいえ、「おかしくない?」と最初から否定したりしたら、パトロンとの関係も冷めてしまう可能性があります。

 

徹底的に不機嫌なふりをして、自分の発言や行動が嫌だったんだな、と反省させましょう。

 

何度やっても効果がない場合は、直接口で注意をしてもいいと思います。

 

それでも治らないようだったら、その男性は「パトロン」としては向いていないと思います。

 

 

そしてもう一つ大切なことは、
こちらのペースに持っていくことです。

 

なんでも言うことを聞く素直な娘もの方が可愛がってくれそうですが、全てを素直に受け入れていては、向こうのペースに持っていかれます。

 

8割素直にパトロンのアドバイスをきく素直な娘、後の2割は少しわがままな娘になることが必要です。

 

いつもは、「どんな食事でもいいよ」と言っていても、たまに「今日はどうしても◯◯が食べたい!」と少し高級なものを言ってみたり、
いつもはプレゼントなんてねだらなくても、「クリスマスが絶対限定コスメが欲しい!」と言ってみたりして、自分のために頑張らせてください。

 

最初はめんどくさいと思われても、慣れてくればその面倒さえ楽しんでくれるようになります。

 

そうなれば、こちらのペースになっていると思います。

 

>>パトロンアプリ一覧にもどる

 

Q、パトロン男性とモメない、安全な別れ方

 

パトロン男性ともいつかお別れの時がきます。

 

「それなら仕方ない」ととことん思ってもらって別れることがベストです。

 

ここで、実際のお父さんのことを考えてみてください。

 

実のお父さんから子離れする時に、そう思ってもらえる内容を使うのです。

 

「どうしてもやりたいことがあるから、勉強に専念したい」

 

「海外に留学することにした」

 

「自分の力(お金)で勝負してみたい!」

 

夢を追いかける娘、頑張りたいと言っている娘に対して、「絶対にやだ」という人はきちんとした男性ならあまりいないはずです。

 

パトロンだからと言って、正直に「彼氏ができた」等というと、人が変わる人もいるので、実際そうだとしても言うことはおススメしません。

 

また、パトロンになって日が浅く、この人はちょっと・・・と思う人は、何も言わずにフェードアウトがいいと思います。

 

何か先にいただいていたり、条件があってそれを守っていなかったりすると探し回される可能性があるので、できるだけそのような状況は作らない方がいいでしょう。

 

どちらにせよ、自分の正体、住所、学校、フルネーム等は出来る限り知られない様に対策しておいた方がいいでしょう。

 

>>パトロンを探せるアプリ一覧にもどる

 
Update Record